社会保障と納税などについて

節税や年金などの生活に役立つ社会保障と税金についてのあれこれ。

#
フリーランスやセミリタイアになって最初にしなければいけないのは、国民年金と健康保険の手続きですね。 サラリーマンを辞めた時にはハローワークの手続きも必要です。
#
マイナンバーカードを取得すると、どのようなメリットがあるのでしょうか? マイナンバーカードの有効利用の問題点なども含めて考えてみましょう。
#
公的年金は、継続して納付することが重要です。 困難な状況でも継続するために国民年金の保険料免除・納付猶予制度について解説します。
#
青色申告で65万円控除を受けるために必要な複式簿記の帳簿と、帳簿を作成するのに最適なクラウド会計ソフトについて解説します。
#
公的年金は破綻するとか、年金を払い続けるのは損だとか言われていますが、本当にそうなのでしょうか? 公的年金の損得について考えてみましょう。
#
個人事業を開業しているなら、青色申告で65万円の特別控除が受けられることはもちろんご存知ですよね。 複式簿記が難しいからと白色申告してきた人もいるかもしれませんが、今後は白色申告でも帳簿の記帳が必須になっています。 この機会に、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」を使って、青色申告に挑戦してみましょう。
#
確定申告をするメリットの一つに「医療費控除」があります。 これは、1年間の医療費が10万円を超えた場合に超えた分を所得額から控除できるという制度です。 自動で控除されることはないので、控除のメリットを生かすには確定申告をする必要があります。 医療控除もメリットを生かすために手順を解説します。
#
確定申告の注意点やメリット・デメリットとともに、手順なども紹介します。
#
国税庁サイトの「確定申告書等作成コーナー」では、ウィザード形式で青色申告書を作成することができます。 決算資料が手元にあるなら、ここで「e-Tax」を利用して電子申告をすることもできます。 この機会に青色申告に挑戦してみましょう。
#
確定申告を青色会計で行うには、複式簿記での帳簿付けが必須になります。 簿記の知識がなくても帳簿付けができる クラウド会計サービスは、時間も作業量も節約できるので、是非利用したいサービスです。 どのクラウド会計サービスを選ぶのが一番良いのかについて考えてみましょう。
#
もし、還付される税金があったとしても、確定申告をしないと還付されることはありません。 国税庁サイトの「確定申告書等作成コーナー」を利用すると、ウィザード形式で「確定申告書」を作成することができます。 思ったよりも簡単ですから、あなたもこの機会に「確定申告」に挑戦してみましょう。
#
雇用保険に加入していると、退職してから再就職までに、条件を満たすと失業保険を受給することができます。 失業保険は、最低限の生活を保障するために支給されるものですから、非課税になっています。 ですから、確定申告の時には、失業保険として支給された金額を申告する必要はありません。しかし…
#
仮想通貨で得た利益には雑所得としての所得税が発生します。 仮想通貨で得た利益はどのように計算すれば良いのでしょうか? 効率のいい計算方法について考えてみましょう。
#
マイナンバーについて、自分なりにまとめてみました。