故人の葬送と相続を自分でやるには?

公開: 2019/06/24 11:34

葬送や相続の手続きを自分で行うことは、亡くなった方の生前の想いを感じながら、その足跡をたどるには良い方法だと思います。
見送る方々の心情や哀しみもあって、全てを自分の手でというわけにもいかないとは思いますが、葬儀へのこだわりや住んだ家や土地への想いなどを汲んで、より良い方法で相続するには最適ではないでしょうか?

先日、父を見送ったばかりなので、その際に調べた内容を踏まえてまとめてみます。

 死亡時の手続き

  • 親戚・友人などに没したことを知らせる。
  • 遺体の葬衣や棺、安置場所を手配する。
  • 故人を自宅または葬儀場へ送るための寝台車を手配する。
  • 通夜・葬儀を手配する。
  • 死亡診断書・死亡届を故人を荼毘に付す火葬場を管理する自治体の役所へ提出
  • 役所で火葬・埋葬許可書を取得
  • 故人の宗派・宗教に応じて葬送の導師等を依頼する。
  • 戒名などを依頼する。
  • 故人の関係者に通夜・葬儀の日程などを知らせる。

葬儀屋さんに依頼すると、役所への死亡届の提出や火葬許可証の取得等の雑事を代行してもらえます。

故人が生前大事にしていたものや札所めぐりなどで集めた御朱印などが保管されていれば、探しておきましょう。

骨納めや永代供養などの手配は、特に決まりはありません。
個人の宗教や宗派などに応じて、適宜手配しましょう。
お骨を長く自宅で祀る方も増えているようです。