防災・アウトドア Tips

防災やアウトドアの知識、キャンプ・アウトドア料理などについて

#
地震の発生時に、一番に優先するべきことは安全の確保です。 突然、大きな揺れに襲われた場合にできることはほんの僅かしかありません。 地震で、グラッと感じたら反射的に思い浮かべるべきいくつかのことをまとめて見ました。
#
ゲリラ豪雨や爆弾低気圧など、天候のトラブルが多くなってきています。 もし冬場にこうした天候トラブルが発生すると、豪雪や吹雪で立ち往生するなど、車に閉じ込められたり、身動きが取れなくなることが考えられます。 事前にこうしたトラブルに対処するための準備を整えておくと安心できますね。
#
地震や台風といった自然災害の多い日本で生きる上で、防災知識を持つことは必須になっているといっても過言ではありません。 そして、普段から防災に役立つ経験や知識を積み重ねるには、キャンプなどのアウトドア知識が役立つことが多くあります。 野外でのたき火・料理・水の調達・トイレなどは、少し前なら、誰もが暮らしの中で当たり前にしてきたことです。 アウトドアグッズは、非常時に役立つものも多いので、備蓄品の一部としても活用できます。 キャンプやアウトドアを楽しみながら、非常時のシミュレーションをしてみるのも訓練になるかもしれませんね。
#
アウトドアを楽しむためには、日よけ対策などとともに重要なのは、虫除け対策です。 アブや蚊などはもとより、最近話題の「マダニ」による感染症などを防ぐためには、十分な対策を講じて置く必要があります。 ポピュラーなものから最近話題の防虫ウェアまで、防虫対策について考えてみましょう。
#
データの保管には、HDDだけでなく、クラウドの活用も重要です。 特に、地震や洪水などの災害によるデータの損失を避けるには、データを自宅以外の場所に保管する方法が欠かせません。 クラウドストレージは、ネットワーク上にデータを保存するので、インターネットに接続できれば全世界どこにいても自分のデータにアクセスできることがメリットです。 しかし、それ以上に世界各地にデータを分散して保存できるので、特定のデータセンターが災害を被ったとしてもデータが消失するリスクが低いという点がデータの保護に有効なのです。